06

02

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その20

だいぶ間が空いてしまいましたが、まだ続いています。

というか、JR四国のバースデイきっぷ旅行記は今回でやっと最終回です。




「500 TYPE EVA」といえば、1号車の「展示・体験ルーム」を見なければ、乗った意味がありません。
201707shikoku501.jpg

ジオラマは、博多総合車両所の地下がネルフ基地になっているという謎設定。
201707shikoku502.jpg

201707shikoku503.jpg

よ~~~~く見ると、ミサトさんやリツコさん、マヤちゃんもいます。
201707shikoku504.jpg


車内の壁を飾るいくつものイラストは「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」。
劇中では洞木ヒカリのセリフのみで登場する「姉のコダマと妹のノゾミ」が、洞木三姉妹としてビジュアル初登場。
彼女たちが新幹線とエヴァンゲリオンの共通点を説明してくれます。
201707shikoku505.jpg

201707shikoku506.jpg

201707shikoku507.jpg

201707shikoku508.jpg






そして、今回、もちろんアレも体験してきました!

201707shikoku511.jpg


201707shikoku509.jpg

エヴァンゲリオンの実物大コックピットに搭乗して、使徒を倒すミッションに挑みます!
201707shikoku510.jpg


コックピットに着くと、LCLが注入され・・・・ませんが、そのままミッションスタート。
ネルフ基地から射出口を上がって地上に出ると・・・線路上を走っているエヴァ初号機、いや、「500 TYPE EVA」

すぐにネルフ本部から「10km先に未確認物体を補足!」と連絡が入ります。
201707shikoku512.jpg
ちょ!外部電源40秒ちょっとしか持たないお!こんなの無理だお!
アンビリカルケーブルちゃんと繋がってないお!


「分析パターン、青! 第3使徒と確認!」と日向君。
201707shikoku513.jpg


なんかというか、心の準備っていうか、いったい何をしたらいいのか分からないまま使徒と対敵することに。
「無理だよ!見たこともやったこともないのに・・・・できるわけないよ!」
201707shikoku514.jpg


後ろから弐号機のアスカが走ってきますが、「ダメ!こっちは間に合わない!」ということで一人で撃退しなければならない展開。
201707shikoku515.jpg


このあとの展開は、いろんな人がYouTubeとかでアップしてるので、言葉で説明するより動画を見たほうがよろしいかと。





で、結果。

201707shikoku516.jpg

シンクロ率、10%



「シンクログラフマイナス12.8。起動指数ギリギリです。」

「京九さん、今日疲れているのよ。旅行最終日だし・・・。」

「シンクロ率は体の表層的な不調に左右されません。問題はもっと深層意識にあるのよ。」



「・・・・やっぱり僕は、いらない人間なんだ。僕には何もない。何もないんだ」

「生きる価値が僕にはない。」

「だから、僕は僕が嫌いなんだ・・・」






運命を仕組まれた子供にはなれなかったけど、「500 TYPE EVA」乗車記念証はもらえました。
201707shikoku517.jpg



「500 TYPE EVA」はこだま号なので、車内販売はありません。
エヴァ関連のグッズやお土産品とか積んで1号車で販売したらけっこう売れると思うんですけどね。
岡山駅で後続列車の通過退避で長時間停車中に、改札内のお土産屋さんで「500 TYPE EVA」グッズ買ってきました。
201707shikoku518.jpg

ちなみに、車内販売はやってないのに、ヱヴァ劇場版に出てくる「獺祭」は車内で売っているという謎。
201707shikoku519.jpg



「500 TYPE EVA」に乗車したこの時は、まだこの「500 TYPE EVA」プロジェクト終了がニュースされる前でした。
車内は1号車の展示ルームには、ちらほらエヴァファンが見受けられたものの、基本的には「昼間の閑散としたこだま号」という感じで、非常に静かでした。
途中駅から乗ってきて、途中駅で降りていくというファンの人も多かったです。
あと、あちこちを熱心に写真に撮っている外国人の姿が、思っていたより多く見受けられたのも印象的でした。
エヴァンゲリオンがワールドワイドな人気になっているのを感じました。

そんなわけで、1号車の展示ルームにいるアテンダントさんも暇を持て余している感じで、エヴァ好きだというアテンダントさんとエヴァ話したり、マニアックなまったり空間が楽しめました。

そのエヴァ好きアテンダントさんに「500 TYPE EVAの駅弁があるの知ってますか?」と聞かれました。
なんでも新神戸駅のみの限定販売の特製駅弁しているとかで、新神戸駅の駅弁業者に電話しとけば、列車の指定号車のデッキまで届けてくれるサービスもやってるらしいです。
アテンダントさんが「ダメ元でお届けサービスしてくれるか電話注文してみましょうか?」と言ってくれたので、お願いしてみました。


で、新神戸駅に着いたらお弁当屋さんが待っててくれました。

エヴァ弁当、まさかのゲット!
新神戸駅では「500 TYPE EVA」は上下列車とも1分停車ですぐ発車なので、通常「500 TYPE EVA」に乗りながらこの弁当を買うことは不可能なんですが、アテンダントさんのおかげで実現できました。
201707shikoku520.jpg

お弁当箱は陶器でできているので、すごく重たいです。かなりズッシリしてます!
201707shikoku521.jpg

お弁当のふたを開けると・・・
201707shikoku522.jpg
使徒のコアをイメージしたのか、イクラがびっしり詰まってます。
イクラの海鮮弁当だと思って食べればおいしいですが、使徒のコアだと思って食べると、シンクロ率400%の暴走モードで四つん這いになって使徒をムシャムシャ食ってるあのシーンが思い出されます。




そんなこんなで、新大阪駅に到着。
201707shikoku523.jpg
ホームで記念撮影しているギャラリーはそこそこ多かったですが、混雑しているというほどでもなく、下り博多行きとして出発するまでの折り返し時間の間で、いろんな角度からたくさん写真を撮ることができました。

やはり、上り列車よりも下り列車のほうが乗車率が良さそうでした。

201707shikoku524.jpg





新大阪駅からは、東海道新幹線の「こだま」号で。「ぷらっとこだま」の利用です。
博多~東京間を、まさかの「こだま」号で走破達成!!
201707shikoku525.jpg

201707shikoku526.jpg

「グリーン車プラン」を利用したのですが、N700系だったので東京駅まで快適に過ごせました。
201707shikoku527.jpg


名古屋あたりまでは車窓を眺めたり、途中の長時間停車でホームに出て売店を冷やかしたり楽しんでたんですが、浜名湖すぎたあたりで寝落ち。
目が覚めたら小田原で、静岡県内は完全に記憶が無く、あっという間に東京に帰ってきたという感じでした。
201707shikoku528.jpg



久しぶりに、ほぼ鉄道オンリーの乗り継ぎまくりの旅行でした。
四国も想像していたより走っている車種が変化に富んでいて鉄分高かったし、楽しかったです。
8600系特急や四国まんなか千年ものがたり、しまんトロッコなど、今回乗れなかった列車もぜひ乗ってみたいので、また近いうちにぜひ四国を再訪したいと思っています。

あ、「サンライズ出雲」の東京~出雲市の全区間乗車もぜひ達成したいです!





(おわり)

05

02

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その19

旅行最終日です。
四国へは戻らず、九州は博多駅から東京へと戻ります。

博多駅の山陽新幹線のりばは、「500 TYPE EVA」の広告やポップでいっぱい。
201707shikoku470.jpg

201707shikoku471.jpg

201707shikoku472.jpg

201707shikoku473.jpg

コンコース内には、既存のカフェスペースをエヴァの世界観で改装した「500タイプエヴァカフェ」も。
201707shikoku474.jpg

アニメのキャラクターや数々の名台詞、敵キャラクターの“使徒”をモチーフにしたカフェメニューやグッズがいろいろ販売されているというので、ぜひ食事して買い物したかったのですが、朝早い時間だったので開店前でした。残念。
201707shikoku475.jpg



そんなわけで、この流れでいくと・・・・これから乗る新幹線は、当然こちらです。
201707shikoku477.jpg

「500 TYPE EVA」の「こだま」730号。
エヴァ初号機の紫と蛍光グリーンを大胆に塗り上げた、すごい車両です。
201707shikoku476.jpg


2号車自由席は、特別内装車。
エヴァンゲリオンに登場する特務機関ネルフのイメージで、座席や壁・床にまで装飾が施されています。
博多駅を発車すると、そのままジオフロントに繋がるトンネルを抜けて、ネルフ本部まで直行しそうな勢いです。
201707shikoku478.jpg
なんか、“14歳の選ばれた少年”じゃないんですけど、乗ってもいいんでしょうか?
201707shikoku479.jpg

201707shikoku480.jpg


私が座ったのはこちらの席なんですが・・・
201707shikoku481.jpg

ブラインドがひどい!!
201707shikoku482.jpg
「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ。」とか言われそうです。
「ドグマを降りて槍を使え。」とかドSな命令されそうです。
「時計の針は元には戻らない。だが自らの手で進めることは出来る。」とかとんでもないこと言い出しそうです。


(ちなみに大半の席のブラインドは、ネルフマークのノーマルなタイプ。)
201707shikoku483.jpg


窓にもわざわざこんなシールが貼られています。
201707shikoku484.jpg

客室だけではなく、デッキ周辺の装飾もいちいちすごい。
まるでネルフの中を歩いてるみたいです。
201707shikoku485.jpg

201707shikoku486.jpg

201707shikoku487.jpg


3号車の喫煙ブースです。
201707shikoku488.jpg

喫煙ブースの中に入ると、加持さんがスパイ活動仕事をサボってタバコ吸ってます。
「大人ってのはさ、ズルいくらいがちょうどいいんだ。」
201707shikoku489.jpg


反対側の喫煙ルームには、赤木博士が休憩で一服中。
201707shikoku490.jpg
仕事でミスした直後だと、「無様ね」とか言われてるような気分になりそうです。




ちなみに、2号車以外の3~8号車の客室は、ごく普通の500系の内装のままです。
(デッキは4号車あたりまでネルフ装飾になってました)
201707shikoku491.jpg

700系レールスターのサルーンシートを移設した車両もありました。
201707shikoku492.jpg


見た目は完全無敵の「EVA」な新幹線ですが、なんせ「こだま」号。
あとから来る「のぞみ」に「ひかり」に「みずほ」に「さくら」にと、次々と追い抜かれます。
そんなわけで、とにかく途中駅での停車時間が長い。
なので、停車駅で写真を撮るチャンスがふんだんにあります。

運良く500系EVAとノーマルな500系が並ぶシーンが見られました。
201707shikoku493.jpg

201707shikoku494.jpg

201707shikoku495.jpg

201707shikoku496.jpg

201707shikoku497.jpg

201707shikoku498.jpg

201707shikoku499.jpg

201707shikoku500.jpg
「君が九州直通型N700“さくら”。君と僕は同じだね。時速300キロを目指す流線型はさらなる進化を遂げたか。」
「あなた、誰?」
「僕は500 TYPE EVA。 5を冠せられた、仕組まれた新幹線。フィフスチルドレンさ。」
「いいえ。同じじゃないわ。あなたと私は同じところを走っているかもしれなけど、同じではないわ」




~~次回予告~~

山陽新幹線を東へとひた走る500TYPE EVA。
だが、乗客は苦悩する。
来ない車内販売、長い停車時間、次々と追い抜いていく後続列車。

そして終着駅を前に、起動指数ギリギリのシンクロ率が次の惨劇を生むのだった。

次回、『終わる旅行』


さぁ~て、次回もサービス、サービスゥ!!



04

01

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その18

まだ続いてます。
しかも「JR四国の周遊旅行」のタイトルなのに、舞台は完全に九州に移ってます。
分かりにくくてホントすいません。



駅構内で電車を待つ乗客の約9割が中国人という状態のハウステンボス駅からは、後続の「シーサイドライナー」に乗車。
大村湾沿いに進むので、景色は大変美しいです。
201707shikoku453.jpg


長崎駅に到着。
201707shikoku454.jpg
長崎からは特急「かもめ」に乗り継ぎますが、右側の885系「白いかもめ」は見送って、

次の787系「黒いかもめ」に乗ります。だって787系乗りたかったんだもん。
201707shikoku455.jpg

201707shikoku456.jpg

201707shikoku457.jpg
787系、やっぱカッコいいわ~。


個人的に「水戸岡デザイン」って、2000年代初頭の885系が出てきたあたりまでが「前・水戸岡時代」、それ以降の各地で水戸岡デザイン車両が増えだした頃から「後・水戸岡時代」に分かれるような気がする。
ここを境目に、大きく潮流が変わったと思うのです。

「前・時代」はパンチを効かせたデザインで鉄道車両の世界に殴り込みを次々に仕掛けてきた荒々しい時代で、
「後・時代」はここまでに生み出したモノをベースにして、それを武器に地方鉄道に手を差し伸べる救済の時代、
みたいな?

自分なんかは、アクアエクスプレスで「お!何か出てきた?」、赤い485系で「485ってこんなに生まれ変われるもんなの?」と驚かされて、787系でぶん殴られて、883系で脳天にいかづち落ちて完全にノックダウンされた人間なので、やっぱり787系や883系は水戸岡時代初期の頃の車両なんですが、これらが「水戸岡車両の真骨頂」と思ってしまうわけです。



で、グリーン車。
201707shikoku458.jpg

観光・ビジネスともに博多に戻るにはちょうどいい時間の列車だと思うんですが、グリーン車は自分以外誰も乗ってきません。
201707shikoku459.jpg

グリーン個室も無人。
201707shikoku462.jpg


振り子運転ができない787系は、多停車タイプの「かもめ」号に使われているため、停車駅のほか単線での対向列車待ちも多めです。
201707shikoku460.jpg

夕食は、車内で「大村ずし」。
201707shikoku461.jpg

今の787系の行先表示幕対照表。
201707shikoku463.jpg
「特急つばめ 西鹿児島」 「ドリームつばめ 西鹿児島」の幕がまだ残っているみたいですね。


結局、長崎から博多までグリーン車貸切という、最高に贅沢な気分が味わえる半面「JR九州大丈夫か?」と心配にもなるステキな時間をすごせました。
乗車後半なんか、車掌さんが「もう誰も乗ってきませんから、デラックスのほうに座っててもいいですよ」
201707shikoku464.jpg


博多駅に到着です。
201707shikoku465.jpg


今夜は、博多駅近くのビジネスホテルに宿泊です。
201707shikoku466.jpg

何度か使ったことあるビジホですが、今回も窓から新幹線が見える部屋でした。
201707shikoku467.jpg

201707shikoku468.jpg




(つづく)

03

29

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その17

大分から特急「ソニック」に乗って博多まで来ました。

博多からは特急「ハウステンボス」に乗り継ぎます。(画像は途中駅の早岐で撮影)
201707shikoku433.jpg

特急「ハウステンボス」用の783系がリニューアルで、内外装とも今までとは全く違う姿に生まれ変わったというので、わざわざ乗りに来たのですが。

(↓ リニューアル前の「ハウステンボス」号。以前は真っ赤な顔でした。)
201707shikoku469.jpg

実は、「もうかなりリニューアル更新が進んでいて、ハウステンボス編成の半分以上がリニューアル完了済み」とか勝手に思い込んで九州に来たのですが、この時リニューアルが済んでいたのはこの1編成だけで、2編成目のリニューアルが工場で工事進行中だと知ったのは、家に帰ってきてから。

確率から言えば、リニューアル編成に当たる可能性はかなり低かったわけで、偶然このリニューアル編成に乗ることができたのは相当運がよかったようです。


行先表示機。
201707shikoku434.jpg

九州上陸後最初に乗った「にちりんシーガイア」でもそうでしたが、同じ編成の中に幕式とLED式がこの「ハウステンボス」でも混ざっていました。
201707shikoku435.jpg
リニューアル工事では、このあたりは統一されてないみたいです。


さて、リニューアルで普通車は大幅に改装が行われたのですが・・・・
A室/B室ごとにモケット柄が異なり、さらにその半室の中でも前3列と後3列でモケット柄が異なるという、客室・客席を記録撮影したい一部マニアにとっては「鬼畜か!」と言いたくなるような、楽しい改装が施されました。
201707shikoku436.jpg

201707shikoku437.jpg

201707shikoku438.jpg

201707shikoku439.jpg

201707shikoku440.jpg
幸いにも車内はガラガラだったので、全ての柄を撮影できましたが・・・
車内を移動しながら撮影しているうちに、だんだん訳が分からなくなってきました。


グリーン客室にいたっては、全4列の全てがモケット違いというふざけたステキな内装になっています。
201707shikoku441.jpg

201707shikoku442.jpg

201707shikoku443.jpg

リニューアル後も、「ローレル賞」受賞記念プレートは健在。
201707shikoku444.jpg
(もしかしてこのプレート、783系の全編成に必ず付いてるのか?)


さて、783系「ハイパーサルーン」に乗ったのならば、ぜひ先頭車の最前列からパノラミックな展望を楽しみたいですよね。
今回も、グリーン席の最前列席を買っておきました!






































































































↓ 現実。
201707shikoku445.jpg
これもうね、ホント意味わかんない。
運転席との仕切り窓に「組子細工」をイメージしたステッカー?塗装?がプリントされてて、ハイパーサルーンのド迫力の前展望をわざわざスポイルするようなことになってて、ぶっちゃけこのガラスの組子細工模様が邪魔です。

基本的に私は「水戸岡デザインは素晴らしいな」派なんですが、たまにこういう目的不明な改悪リニューアルを目の当たりにすると言葉にならない思いになります。



席に座って前展望を向くと、組子模様が視界にチラチラして落ち着きませんが、ガラスにカメラを近づければ展望ビューが撮影できます。
201707shikoku446.jpg

武雄温泉駅。将来ここから九州新幹線の長崎ルートがフル規格で分岐することになっています。
201707shikoku447.jpg

車内でお昼ごはんに博多駅の駅弁を食べました。
201707shikoku452.jpg


早岐駅で後ろ4両の特急「みどり」を切り離し、大村線に入るとすぐにホテルオークラJRハウステンボスが見えてきて、終点ハウステンボス駅に到着です。
201707shikoku448.jpg

ハウステンボス駅で折り返しの上り特急を待っていたのは、ほとんどが中国人観光客でした。
201707shikoku449.jpg

201707shikoku450.jpg

201707shikoku451.jpg




(つづく)


03

20

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その16

フェリーで四国の八幡浜から九州の臼杵に渡り、JR特急で大分まで移動してJR九州ホテル「ブラッサム大分」に宿泊。

朝食もホテルのレストランでいただきました。
201707shikoku414.jpg

201707shikoku415.jpg

朝食は、バイキングではなく画像のような定食スタイルですが・・・
201707shikoku416.jpg

JR九州が展開する「たまご」ブランドの「うちのたまご」とご飯とお漬物が食べ放題。
つまり、「卵かけご飯」が食べ放題なのです。
201707shikoku419.jpg

ご飯は大分県産の「つや姫」
201707shikoku418.jpg

201707shikoku417.jpg

ドリンクバーでは、大分の特産品の「かぼす」を使った「かぼすはちみつジュース」が飲み放題!
201707shikoku420.jpg



「てんくう」の展望露天風呂は、朝の時間は宿泊者専用で9:00まで入浴できます。
もちろん朝からひとっ風呂浴びてきました。



水戸岡デザインのホテルでゆったり過ごしてチェックアウト。

大分駅からは日豊線の特急「ソニック」に乗って、博多へと向かいます。
201707shikoku421.jpg

乗車口からこちらの空間を通り抜けて・・・
201707shikoku422.jpg

グリーン車に乗車です。
201707shikoku423.jpg

201707shikoku424.jpg

大分から別府までは海岸線ギリギリのところを走るので、車窓の眺めも素晴らしいです。
201707shikoku425.jpg

グリーン車は大分と別府からの乗客で半分くらいの席が埋まりました。


883系「ソニック」の車内をぶらぶら歩いて見学。
201707shikoku426.jpg

201707shikoku427.jpg

201707shikoku428.jpg

201707shikoku429.jpg

201707shikoku430.jpg

201707shikoku431.jpg

もうすでに、登場から20年以上が経っている車両なのですが、全然古臭さや時代を感じさせない、登場当時の「斬新さ」を今でも感じられるところがこの車両のすごいところだと思います。
電解着色の技術によって作られたこの雰囲気は、この883系「ソニック」だけで味わえるものです。

デビューしたばかりの頃は「ケバケバしすぎる」「軽薄な印象」といった批判的な声も上がりましたが、20年後でもその時のデザインで通用する、唯一無二である事実を知ると、水戸岡先生がいかに「先見の明」に長けていたかを思い知らされます。



大分から約2時間で、特急「ソニック」は博多駅に到着しました。
201707shikoku432.jpg





(つづく)

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad