エアドゥ特別塗装機「ベア・ドゥ北海道ジェット」 就航初便搭乗記 その4

定刻から遅れること50分、やっとベア・ドゥ北海道ジェットは動き出しました。
整備による遅れですが、不調など何もなかったかのように軽快な足取りで滑走路へと向かいます。

C滑走路の34Rの入り口まで来たところでいったん停止。
adohokkaidojet032.jpg

滑走路に着陸機が接近してきているのか、しばらく滑走路手前でのホールド状態が続きました。

>>続きを読む

エアドゥ特別塗装機「ベア・ドゥ北海道ジェット」 就航初便搭乗記 その3

搭乗開始時間は出発の10分前の8時ちょっとすぎということなので、ラウンジを出て8時前には指定された55番搭乗ゲートへ向かいました。

すると、出発がどうやら遅れるようです。遅延の理由は、機材整備だそう。
adohokkaidojet013.jpg

「到着機の遅れによる、出発時間の遅れ」や「機内整備(機内のお掃除)による遅れ」というのはこれまで何度も経験がありますが、これから乗る飛行機は、この羽田出発のエアドゥ15便がこの日最初のフライト。
一発目のフライトを前に「使用機材に点検整備が発生したための遅れ」とは、嫌な予感がします。
しかし、「出発時間未定」ではなく、15分ほどの遅れなので、「きっと程度の軽い整備なんだろう」と安心しきっていました。


>>続きを読む

エアドゥ特別塗装機「ベア・ドゥ北海道ジェット」 就航初便搭乗記 その2

いよいよ「ベア・ドゥ北海道ジェット」の就航日です。

初便のエアドゥ15便は、エアドゥのサイトから予約したので、エアドゥのカウンターでチェックインします。
夏休みに入って最初の金曜日の朝7時台ということで、羽田空港第2ターミナルはビジネスでの利用者のほか、子供を連れたファミリーや大学生くらいのグループ客でかなり混雑していました。

しかし、搭乗客でごった返しているのはANAのチェックインエリアだけで、エアドゥのカウンターはご覧の通りです。
adohokkaidojet001.jpg

>>続きを読む

エアドゥ特別塗装機「ベア・ドゥ北海道ジェット」 就航初便搭乗記 その1

2016年7月29日。
この年に会社設立20周年を迎えるエアドゥが、その記念として特別塗装機を就航させました。

その名も「ベア・ドゥ北海道ジェット」
adohokkaidojet067.jpg
機体に描かれた風景は、北海道の四季がモチーフ。

・草花がいっせいに芽を出し新緑に溢れる春-富良野の丘
・心地よい爽やかな風が大草原に吹く夏-帯広郊外の農場のサイロと牧草ロール
・収穫と紅葉の中で動物たちが冬支度を始める秋-美瑛のパッチワークの丘
・一面が白銀の世界に変わり、幻想的な雪景色となる冬-雪の中の函館ハリストス教会と札幌の時計台

そこに散りばめられた北海道の動物たちが、北の大地へ旅する気分をよりいっそう盛り上げてくれます。
そして、大きな垂直尾翼には、雲に乗って空を旅するエアドゥのマスコット「ベアドゥ」の姿が。

>>続きを読む