台湾に行ってきました 〔2015年12月〕 桃園機場背包客に泊まる -3-

さっそく部屋のベランダに出て飛行機撮影開始です。
(画像ばかり大量に貼る記事になりますが、どうぞお付き合いください)

この日は滑走路05Rを使っての離着陸だったので、ベランダの目の前からは、離陸機が飛んでいく光景が見られました。
短・中距離フライトの飛行機だと、目の前に来るまでにはかなりの高さまで上がってしまうので、ほとんど腹ばいの構図の写真ばかりです。
23Lを使っての離着陸だと、目の前に離陸機が待機して、着陸機がかなりの低さで飛んでくるようなので、23L利用の時が一番撮影に向いていると思います。

エアアジアX A330-300 特別塗装機 ”NOW EVERYONE CAN FLY XTRA LONG”
201512taiwan-192.jpg

>>続きを読む

台湾に行ってきました 〔2015年12月〕 桃園機場背包客に泊まる -2-

桃園機場背包客へは、台湾2日目の午後に向かいました。
桃園空港まで行けば、車で送迎をしてくれるので、まずは桃園空港まで向かいます。


本来は2015年12月には台北駅と桃園空港を結ぶMRTが開業していたはずなんですが、延期に次ぐ延期で、2016年開業予定となってしまったので、一番オーソドックスな台北駅~(台湾高鐵)~高鐵桃園駅~(空港バス)~桃園空港のルートで行きました。
201512taiwan-143.jpg

>>続きを読む

台湾に行ってきました 〔2015年12月〕 桃園機場背包客に泊まる -1-

今回の2泊3日の台湾旅行で、一番長い時間が取れる2日目はどうするか、いろいろと行程や行き先を考えました。

12月1日に台湾高鐵に3つの駅が新しく開業するので、それらの駅を訪問するか。
それとも、前回の台湾旅行でもうちょっとゆっくり見て廻りたいなと思っていた台南へ向かうか。
台北から近い九份と平渓線に行こうか。

ある日、書店で見かけた月刊エアライン2015年12月号を立ち読みしていると、興味深いレポート記事が載っていました。
台湾の空の玄関口である「桃園国際空港」のすぐ脇に「桃園機場背包客」という宿泊施設があり、部屋のバルコニーの目の前はすぐ滑走路で、離着陸する旅客機を部屋に居ながらにして一日中撮影できるという紹介記事でした。

この宿泊施設が、桃園空港のどのあたりにあるのか調べてみると、南側の滑走路の末端のすぐ脇でした。
成田空港で言えば「さくらの丘」や「さくらの山」に、伊丹空港で言えば「スカイランドHARADA」のような場所に位置します。
(画像はFlightradar24.comより)
201512taiwan-154.jpg
桃園空港には滑走路が2本ありますが、この頃は北側の滑走路(05L-23R)が補修工事中のため、全ての離着陸を南側の滑走路(05R-23L)の1本で裁くというアクロバティックな運用がなされていました。
つまり、「桃園機場背包客」からは、桃園空港に集まってくる旅客機の全てを見ることができるという環境。

【注意:2015年12月23日からは、2本の滑走路を使った運用に戻されています】

「これは面白そうだ」ということで、桃園機場背包客に泊まりに行ってみました。
ところが、予約の段階から、実際に到着して部屋に入ってからも、いろいろと普通のホテルに泊まるのとは異なる点が多く戸惑うこともありました。
「月間エアラインで記事は見て、泊まりに行ってみたいと思ったけど、どうやって行けばいいのか分からない」とか、「このブログ記事を見て行ってみたいと思った」と、興味を持たれた方にとって参考になればと思い、実際のところどのようにして現地まで行きつけたかをご紹介したいと思います。


>>続きを読む