寝台特急カシオペアの旅 その5

しばらく間が空いてしまいましたが・・・まだ続いてますよ。
というか、今回でいよいよ終点・上野です。


朝です。
201003cast061.jpg
6:00前に目が覚めましたが、思いっきり爆睡。
2階客室のせいか走行音も少なく、あと2階席特有の「ゆら~ん」という揺れも睡眠を誘うみたいな感じ。

朝シャワー浴びるために部屋を出てシャワー室へ。

廊下に出ると、
201003cast062.jpg
部屋のドアノブに朝刊が引っ掛けてあった。
「カシオペア」って朝刊も全室サービスなのね。すげぇ。

シャワーを浴びて、部屋で身支度を整えていると、食堂車オープンの車内放送。
さっそく食堂車へ行きます。
201003cast063.jpg
夜とは雰囲気が全然違いますね。
ナチュラルな色使いのインテリアは、朝の雰囲気の方が似合います。

モーニングタイムのメニュー。
201003cast064.jpg
こちらも「北斗星」と同じでしたか。
パンセットかごはんセットの2種類。ワンプレートでおかずは共通です。
洋食の方は魚料理がムニエル、和食の方は焼き魚と、ちょっとした違いがあります。

で、「朝パン派」の私は、もちろんパンセット。
201003cast065.jpg
「北斗星」や「カシオペア」の食堂車で出る胚芽パンが美味しくてねぇ。お替りは有料なんですけど。

食後の紅茶。
201003cast066.jpg
2階席の高い目線の眺めから、通過駅を見下ろしながらの朝食は優雅ざます。

昨日のパブタイムに比べるとお客の入りは多かったですが、それでも満卓にはなりませんでした。
やはり乗客そのものが少ないと、モーニングタイムもこんなものなのですね。

で、朝食後にまた延々と歩いてラウンジカーへ。
ほんともう、ここ遠すぎ。
201003cast067.jpg
ヤホーゥ!朝から貸切です!

ラウンジカーの入り口には小さな売店があって、モーニングコーヒー券の引き換えができます。
201003cast068.jpg
コーヒー苦手なので、紅茶。

黒磯を過ぎると、すれ違う電車の数も増えて、ラウンジカーからの眺めは楽しさ倍増。
201003cast069.jpg
「TOYOTA」専用コンテナ貨物列車?とすれ違いました。
(ほんとに延々と「TOYOTA」ロゴのコンテナばかりが積まれた貨物列車)

ラッシュの時間帯に宇都宮線を走り抜けるので、通過駅には通勤通学客がいっぱい。
ホームからこちらを振り返る視線が・・・優・越・感!!

さ、もうすぐ終点の上野駅です。
201003cast070.jpg
「カシオペア」は朝起きてから終点上野に着くまでがあっという間。


残念な事に(?)、定刻に上野駅に到着。
こういう列車の時は「定刻から○時間遅延」大歓迎なんですがーーー!(笑)
201003cast071.jpg

201003cast072.jpg

このロゴマークの前は、乗車記念の撮影ポイント。
201003cast073.jpg
ステンレスの質感とロゴマークと丸窓の組み合わせが、なんとなく宇宙チック。

「カシオペア」のあとを数十分差で追いかけてきた「北斗星」も上野駅に到着。
201003cast074.jpg

201003cast075.jpg

「北斗星」到着と「カシオペア」が回送されて出て行くまでのわずかな時間ですが、北海道行きの豪華寝台特急が並びます。
新型の北斗星用機関車が登場間近にあって、EF81型機関車の顔合わせシーンは今のうちだけかも。

201003cast076.jpg

久々にこっちも乗りたいですね。
201003cast077.jpg
「北斗星」のクラシカルな雰囲気は、「カシオペア」にはない旅を盛り上げる高揚感がありますね。



----------------------------------------------------------------------------

別のところでも書いたんですが、今回「カシオペア」に乗ってみての感想。

【個室(カシオペアツイン)】
・こんな空間によくまぁトイレに洗面台も入れたもんだと感心
・個室内の使い勝手はいいけど、A寝台個室という高級感は薄い
・なんか列車内というより、旅客機内という印象
・内装の随所に通勤電車っぽさがあり、どことなく安っぽい
・寝ているときに感じる揺れはかなり少ない
・発車時のショックもほとんど感じなく、驚くほどスムーズ
・ソファー<>ベッドの転換は軽い力で済み、これはラク
・ベッド時に隙間のボコボコが気になるので、ベッドパットが欲しい
・コンセントがトイレにしかなく、リビングには無いのがやっぱりやや不便
・天井照明の照度が「明るい・薄暗い・消灯」の段階に変えられるのはイイ
・喫煙車の個室はかなりヤニ臭。中には窒息しそうに匂う部屋も
・洗面台は湯温調節ツマミがあるが、全然お湯が出ない
・洗面台の隙間に物を落とすと2度と取れない
 ↑愛用のハブラシが隙間に転げて逝ってしまった(泣)
・廊下への階段が急すぎて何度か転げ落ちそうになった
・車内販売が来るとパネルの表示板が点灯するのは便利

【共用シャワー】
・とてつもなく狭い 広さが北斗星やトワイライトの半分くらいしかない
・特に着替え室の狭さは異常 着脱衣するのにも一苦労するほど
・服を入れておく籠の小ささも異常
・小物置きがない これ設計したの絶対メガネしてないヤツだな~と実感
・シャワーはお湯が出るまで40秒~1分も冷水が出続けて鬱
・ドライヤーの風量に悲哀を覚える

【ラウンジカー】
・とりあえず遠い。特に1~6号車の人間には、ラウンジに着くまでの距離が苦行
・車内の雰囲気は、グリーンとブルーのインテリアが「JR北海道」な感じ

【食堂車】
・清楚な雰囲気 トワイライトの重厚さとは180度方向性が違う
・パブタイムメニューから「北の海の幸サラダ」が消えていたのは残念
・ワインは11種、うち、スパークリングワインが1種
・ビール・日本酒・カクテル・梅酒・ウィスキーもあり
・食器・カップは全てにCASSIOPEIAのロゴ入り
・車内販売はもちろん、食堂車の会計にもSuicaが使える

【そのほか】
・自販機は街中価格に+30円~50円 ソフトドリンクのみ
・公衆電話脇のテレカ券売機は、初代カラーの新幹線Maxのテレカ
・乗車記念グッズの品揃えがあまりにセンスなくて泣ける
 (以前はもっと大人なグッズ売ってたんだけどなぁ)

今回は「カシオペアひとり利用きっぷ」を利用しましたが、料金的に「北斗星」のロイヤルのルームチャージと見事にバッティングするのがやはり脳裏にチラつきました。
「カシオペアツインを1人で利用する」のだったら、個人的には「ロイヤルを1人で利用する」ほうが満足度は高いんじゃないかと思うんですよね、やっぱし。それはなんでかというと、「カシオペアツイン」そのものが「広めのB寝台個室」な感じしかなくて「高い金払ってA寝台個室乗ったぞ~!」という満足感がいまいち無い。
ゆえに、札幌から乗って上野で下車する時の感想が「一度乗ればいいかな」。
トワイライトエクスプレスを下車する時のような「また乗ってみたい!」という、次の乗車の機会への希望が湧き上がってくるような「高揚」というか「興奮」というか、そんな盛り上がった気分は残念ながらありませんでした。

デビュー時の雑誌を読み返してみると、「デラックス車両ですが、豪華を目指したのではありません。基本方針をナチュラル&エレガントとして、シンプルにゆっくりできる車内を目指したのです」という開発者の声が載っていました。
でも、そうそう年に何度もリピートして乗れる列車ではないので、むしろ「この1回の乗車で脳裏にこびりつくほどの深い印象」を残すために、シンプルさより派手やかさや煌びやかさ、高級感で攻めた内装がよかったんじゃないかなと。
乗っていて思っていたのは、どことなく全体的に「プラスティックな」感じが漂う、旅客機のような無味乾燥とした空気感に包まれた列車だなという印象。

辛口評価で、気分を害された方がいましたらどうもすいません。
乗車中は、一般のお客さんたちからは「さすがカシオペアね~」という満足げな声が食堂やラウンジで聞かれましたので、私の見方がヲタっ気に満ちた、曲がった角度からの見方なのかもしれません。

上野~札幌間の長距離を乗ったという「距離感」と「充実感」、食堂車などでのサービスは満点・満足なので、ぜひ一度乗ってみることをおすすめします、「カシオペア」号。

寝台特急カシオペアの旅 その4

函館を発車して、海に沿って津軽海峡線を行く「カシオペア」。


北海道の大地からお別れする直前に、いよいよお楽しみのアレが始まります。



食堂車のパブタイムー!
201003cast047.jpg

パブタイムオープンしますーの放送が流れてすぐに行ったら一番乗りだった♪

札幌発車後にシャワーカード買いに食堂車へ行きましたが、その時とはかなり雰囲気が違います。
丸い天井がなんとも優雅ですねぇ~。



メニュー。
201003cast048.jpg
うを! なんか高級レストランみたいなメニュー!
しっとりとした革素材のメニュー!


スーツ着てなければ、ネクタイもしてないで食堂車に来ちゃいましたごめんなさい。
カメラかかえた場違いなヲタですごめんなさい。
パブタイムでガッツリ食べるために夕食あんぱん1つだけ個室でかじってましたごめんなさい。



さて、心行くまで心の中で懺悔したのでメニューを開きます。



201003cast049.jpg

・・・・・・なんだ、北斗星と全く同じお品揃えなのかー。



クリームパスタ美味しいんだけど、前に北斗星で食べたしー、

イタリアンハンバーグも、前に北斗星で食べたしー、




必然的に選択肢は、
ビーフシチューとビーフカレーの一騎打ち!!!





で、勝者は

201003cast050.jpg

ビーフシチューセット。


「所詮セントラルキッチン方式の、車内でチンなシチューだろ。それで豪華寝台特急とかどんだけーwwwww」
とか思ったあなたには本当に心の底から「残念!」のハンを押してあげます。

201003cast051.jpg


なまらウマス!!!!!!!!!


ビーフがトロトロです!

ホントに口の中で溶けます!!

しかも肉も野菜も、具が大きくてゴロゴロいっぱい!!!!

パンとサラダとスープに食後のコーヒーもついて、これで車内価格2,500円はかなりお安いですわよ、奥様!





カシオペアのパブタイムは満席も珍しくないそうですが、この日は私を含めて5~6組だけというかなり静かなパブタイムでした。
食事が進む頃、列車は青函トンネルに突入。

201003cast054.jpg

ダイニングカーの窓越しに吉岡海底・最深部・竜飛海底の明かりを見ながら食事。
海の底を走りながら、食堂車で食事。考えてみるとなかなか体験できるものではないですね。


201003cast052.jpg

食後のコーヒーは紅茶です。 あ、いや、「紅茶も選べますよ」ということです(笑)


セットにデザートは付かないので、別に注文しました。
メニューに載っているからには食べなきゃです。
201003cast053.jpg

「今日のケーキセット」は、チョコレートのアントルメ。

あ・・・これも前に北斗星で食べたことあるな。。。。


デザートの後にさらに「スモーク牛タン」でシメるという、なんだかよく分からないことになってしまいましたが、かなり満足・満腹でパブタイムをオーダーストップまで楽しませてもらいました。


「カシオペア」はすでに青函トンネルを抜けて本州に。

函館から先頭を走っているED79型機関車の顔を拝みに、また延々と歩いてラウンジカーへ。

201003cast055.jpg

キャハー!無人ですーー!!

就寝前のひとときをラウンジカーで星でも眺めながら過ごそうという乗客はいないのかー!?
やはりここまでの「距離感」がぁー・・ですよねー。

機関車がすぐ目の前。CASSIOPEIAのヘッドマークも拝み放題です。
201003cast056.jpg
ちなみに、CASSIOPEIAのロゴマークはフランス人デザイナーの手によるものらしいです。
ヘッドマークからボディのロゴタイトルまで、一切日本語が使われていないのもこの列車の特徴ですな。


青森駅に到着。
201003cast057.jpg
ED79型機関車はここまで。あっという間に切り離されてカシオペアから離れていきました。
ここからはまた進行方向が変わって、ラウンジカーが最後部になります。


いいかげん寝ないと明日の朝起きられなくなるので、ラウンジカーから撤収~

自室への帰り道にシャワーに寄っておきました。
201003cast058.jpg
シャワー室の作りは「北斗星」のとほぼ同じなのですが、室内の広さは北斗星よりかなり狭い!
更衣室側なんて服を脱ぐのに一苦労ってなほどの激狭っぷりです。
しかも脱いだ服を入れておく籠が小さすぎで、最初見たときは「ゴミ箱?」と思ってしまいました。
メガネ人としては、メガネを置いておくような小物置きが全くないのも困りましたわー。

シャワーは6分。 リミット1分を切るとファンファン鳴る警告音が毎度のことながら楽しいなぁ。


シャワーでスッキリしたあとは、自室へ戻って、いそいそとベッドメイキング。
201003cast059.jpg
撮影用に2人分のベッドメイクしちゃいましたよ。ご参考までに。
1人でご乗車なら、枕木方向・レール方向どちらでも好きな方を選べるね☆

しかし、L字型配置のベッドってお互いにどっちを頭にするか(足側にするか)悩みそうな・・・


201003cast060.jpg

列車は快調に雪深い北東北を飛ばして走り続け、窓には時折通過駅の明かりが流れます。

では、おやすみなさいー。

(↑窓のブラインド閉めて寝ろよー!)



(続く!)

寝台特急カシオペアの旅 その3

ウェルカムドリンクを頂いたところで、今度は列車最後尾のラウンジカーへ行ってみる。

ちなみに今回、4号車の寝台券が渡されました。
食堂車が隣りの3号車なので食事に行ったり買い物に行ったりするには便利だったのですが・・・

その一方でこのラウンジカーは一番端っこの12号車なので、4号車から12号車のラウンジカーまで行くのが大変なんてもんじゃない。8両分も延々と歩く。先日お亡くなりになられた「北陸」だったら、最前部から最後尾まで行けちゃうってなもんです。

移動距離を考えると、とてもじゃないけど「フリースペースでちょっと気分転換でも・・」なんて気が起きません。この点は「北斗星」のロビーカーや「トワイライトエクスプレス」のサロンデュノールのように、編成のほぼ真ん中に連結されている方が使いやすいですね。

さて、長話はさておき、ラウンジカーを目指します。
歩けど歩けど、全く同じ作りの寝台個室車。(4号車から11号車までは全部カシオペアツイン)

ラウンジカーへ行くのに、途中でラウンジスペースで休憩とか(笑)
201003cast035.jpg

延々歩いて、やっと着きました。
201003cast031.jpg

客が誰もいなーーーー-い!!

こういうフリースペース、しかも豪華寝台特急と称する乗り物でのラウンジカーに誰もいないなんて・・・
いくら乗客が少ないとはいえ、ありえなくね?
やっぱりみんな「ここまで歩くのメンドー」で「客室でも居住性悪くないしね」ということで、ここラウンジカーまでわざわざ来ないと見た。

(ちなみに翌朝、宇都宮線を上野に向かってラストスパートする頃に「あらー、こんなところがあったのねー」みたいなおしゃべりしながらラウンジカーに入ってきたグループがいた。どんだけ秘密の存在なんだ、ここは)

ハイデッカーのラウンジカーは窓が大きく、なかなかいい眺めです。
床下にはカシオペアの電気の全てを賄うための電源装置が仕込まれているので、ドルドルドル・・・・と足の下から音と振動が伝わってきて、まるでディーゼルカーに乗っているような気分。

展望スペースはこんな感じ。
201003cast032.jpg
上り列車では、津軽海峡線内以外では誰でもワイドな後展望が楽しめます。
(津軽海峡線内ではこちら側に機関車が連結されます)

スーパー北斗がびゅんびゅんすれ違っていくー!
201003cast033.jpg

徐々に日が沈んで、北の大地は白から青へ。
201003cast034.jpg


ラウンジカーから再び自室へと戻ります。帰り道の道のりがまた遠い・・・。

全室個室のカシオペアでは、車内販売のワゴンが自分のいる号車に来るとこんな風にパネルの案内が点灯して、車内販売が来ましたよーと知らせてくれます。
201003cast036.jpg

車内販売では弁当や飲み物のほか、カシオペアグッズもいろいろ。
201003cast037.jpg
子供向けのおもちゃのようなグッズばかりで、正直あまり購買意欲が沸きません。
昔は「CASSIOPEIA」のロゴ入りの時計や革製ストラップ、マグカップといった大人向けのグッズが多く揃っていたのですけど。トワイライトエクスプレスの時のような車内でのお買い物の楽しみがなかったのがちょっと残念。

最新型の(といってももう登場から10年以上経ってますが)寝台特急なのですが、室内のコンセントが洗面台の「カミソリ用」しかないのはちょっと不便でした。
201003cast038.jpg

ですので、携帯電話の充電もご覧の通り。
201003cast039.jpg
洗面台から充電コードをめいっぱい延ばして、なんとかソファーに座りながら使うという。

もうすっかり日も暮れた18:30。洞爺駅に停車。
201003cast040.jpg
ここでは10分停車なので、ホームへと出てみる。


食堂車では優雅なディナータイムが始まっているはず。
201003cast041.jpg
乗客数が少ないためか、ディナーのお客もそんなに多くないみたいです。

ここでは後続のスーパー北斗18号に追い抜かれます。
201003cast042.jpg
札幌をカシオペアの40分後に出たスーパー北斗は、カシオペアより40分早く函館に着きます。
さすが北海道イチの俊足ランナー。

姫川駅では運転停車。
201003cast043.jpg
単線なので、札幌行きのスーパー北斗21号を優先して通すためにその通過待ち。


で、21:00近くに函館駅到着。
ここでは機関車が交換されて、進行方向が変わります。
鉄っ気のある乗客も、ない乗客も、こぞって外に出て機関車交換の模様を見学。
201003cast044.jpg

201003cast045.jpg

201003cast046.jpg

青いディーゼル機関車からED79型電気機関車に交換。ヘッドマークは両側に付いてました。
これまで最後尾だったラウンジカーが、函館からは先頭になって進みます。


函館を出ると、いよいよアレです。

(続く!)

寝台特急カシオペアの旅 その2

札幌駅でちょっと撮り鉄。
あぁ、ホームの先端でカメラ構えて佇むこちらへ向けられる人々の視線が痛い。。。。

201003cast014.jpg

201003cast015.jpg

201003cast016.jpg

で、今回の主役登場。
201003cast017.jpg

201003cast018.jpg

この寝台特急「カシオペア」にて東京へと帰ります。
札幌滞在わずか40分。以前の「日帰り北海道」の短時間滞在記録を一気に更新!!(笑)

201003cast019.jpg

今回の「カシオペア」の乗車には、このきっぷを使いました。
201003cast020.jpg

北海道側だけで販売している「カシオペアひとり利用券」。
ここ数年、2月から4月の期間限定、さらに札幌発の上り列車限定、さらにさらに発売は出発日の14日前から、さらにさらにさらに「カシオペア」の中でも一番格下の「カシオペアツイン」のみが利用できるという、利用設定制限しまくりで「カシオペア」の敷居の高さをしみじみ感じさせるスペシャルな切符です。

「カシオペア」は2人寝台個室ばかりで構成されていて、1人で乗るにも2人分の特急料金や寝台料金を払わなければいけないという鬼設定、ゆえにある意味「トワイライトエクスプレス」より乗り難い列車です。
しかーし! この「ひとり利用券」(19800円)を使えば、通常の1人分料金よりは3000円ほど割高ではあるものの、2名分の料金(およそ32500円)を払うよりもカシオペアに安く乗れちゃうというわけで、付き合っている相手が鉄な趣味に理解がないとか、身近に鉄なお友達がいないという人に打ってつけの切符なんですねー。(←お前のことだ)

で、定時に札幌駅を発車。
201003cast021.jpg
「カシオペアツイン」の2階個室を買っときました。なんとかと煙はゲフンゲフンっていうよねー。
湾曲した窓からの眺めが普段より視点がちょっと高くて、頻繁に2階建て電車が走ってない北海道ではこの「高さ」がちょっと新鮮な眺め。

201003cast022.jpg
奥のドアが個室の出入り口。 左側の壁の中には洗面室で、トイレと洗面台があります。

部屋の中の向かい合ったソファーは、
201003cast023.jpg
こんな感じでベッドになります。
このギミック、動かすのがちょっと大変そうな感じがするでしょ?
ところがこれが実に軽~い力で動かせちゃうわけです。ものの30秒ほどでリビングが寝室に大変身。

トイレと洗面台。 もちろん通常時はドアが閉まった状態です。
201003cast024.jpg
この狭い空間にトイレまで入れちゃったのがスゴイ・・・ 驚異的な空間利用です。
トイレの脇にあるのは、上から鏡・液晶テレビ・コントロールパネル・ゴミ箱。

液晶テレビのチャンネルには衛星放送のほかに、現在の走行位置が分かるナビチャンネルもあります。
201003cast030.jpg


さて、部屋を出ていきなり食堂車へ行ってきます。
201003cast025.jpg
まだ食事の時間ではありません。

シャワーカードを買いにきました。
201003cast026.jpg
まだ札幌を出てそんなに時間が経っていないのに、もうすでに食事の時間に掛からないちょうどいい時間帯は予約でいっぱい。しょうがないので、今晩の分は寝る前の深夜に、明日の朝は朝食前の早朝に予約を入れてカードを購入。

この日はスイートやデラックスはほぼ満室でしたが、カシオペアツインはガラガラでした。
にもかかわらずシャワーの予約が早々に入っているということは、もっとお客が乗っている時期になると予約がいっぱいになってしまうということも大いにありえそう。
(ちなみにシャワー室の数と利用時間の割り振りから、満室時にシャワーが利用できる人は全体の2割程度にしかすぎないそうです)

タオルとシャンプー・ボディソープがロゴ入りポーチに入ったお風呂セットも売ってるよ。
たしか400円くらい。
201003cast027.jpg


シャワーカード購入の後、空いている個室をプラプラ見学してきた。
物珍しい列車のためか一般のお客でも車内見物している人が非常に多く、車掌さんも「お部屋の中の備品をいじったりしなければ見てもいいですよ」とわりとオープン。
1室だけ空いていたメゾネットスイートは見物客で「ショールーム」になってました(笑)



で、部屋に戻ったら、
201003cast028.jpg
こんなシールがドアに貼ってあった(笑)

カシオペアって全室にウェルカムドリンクのサービスがあるんですね~。
さすがというか、スゲェというか、驚きました。

シールをはがして部屋の中に入っていたら、すぐにアテンダントさんが注文取りに来た。
201003cast029.jpg
スイートやデラックスだと、北斗星の「ロイヤルルーム」みたいなワインやウイスキー付きのミニバーセットになるらしいが、さすがにツインではウーロン茶かオレンジジュースからの選択制。

カップには「CASSIOPEIA」のロゴが入っていて、ちょっとスペシャルな気分。

さらに朝にはモーニングコーヒーもサービスされるとのことで、その引換券がもらえました。


(続く!)

寝台特急カシオペアの旅 その1

1月に続いて、再び北海道へ。

北海道へ向かうのに、私の中では定番になりつつあるエアドゥ。
今回も羽田から新千歳へエアドゥで飛びます。
201003cast001.jpg

いつもはB767-300で飛んでる便なんですが、今月は一部の日で小型のB737-500が就航。
この日はほぼ満席でした。

ボーディング中。・・・・なんだか臭い。

自分の席だけかと思ったら、前の席の人も鼻をクンクンさせながらキョロキョロ。
後ろの席の人も「なんのにおい?」と話してます。

そしたら私の隣の席の老夫婦。
「すいません・・・・キムチです。すいません。」


キムチは機内持ち込みを自粛してください、ぜひ!!!


そんなキムチを前座席の足元に収納されて、レッツ、フライ~~!!

羽田を飛び立って、いつもなら真下にTX沿線を眺めながらイイ気分なんですが、
201003cast002.jpg
あいにく、わが茨城県南の眺めは雲の下。

とりあえず昼飯。
201003cast003.jpg
今日は3色おこわ弁当(正式名称は忘れた。2タミの空弁工房で売ってるよ。)

しかし、ほんのりキムチ風味です!!!(涙)

ドリンクサービスでは熱い緑茶を。
201003cast004.jpg
カップにはエアドゥのマスコット「ベアドゥ」。

そういえば、4月からはANAのドリンクサービスが基本的に有料化になりますね。
エアドゥはどこまでドリンク無料サービスで頑張れるか?!

東北の方まで来ると、ところどころ雲が切れて眼下に地上の眺めが。
201003cast005.jpg
山の尾根と筋上に見える積った雪の眺めがキレイです。

トイレへ行くのに席を立ったついでに、ポストカードも貰ってきました。
201003cast006.jpg
エアドゥの広告媒体などは、札幌にあるデザイン集団が手掛けています。
スターフライヤーほどのインパクトはありませんが、透明感のあるイラストや柔らかいイラストが多く、
また印刷物には統一感があるので、集めてコレクションするとけっこう楽しめます。

そんなこんなで、機内にキムチの匂いを漂わせながら新千歳空港到着。
201003cast007.jpg
自衛隊エリアの滑走路で、政府専用ジャンボ機の離着陸訓練が見えました♪


機外に出ると、ターミナル内なのになんだか寒い・・・

羽田を出たときの気温は15度くらい。札幌は現在1度(しかもこの日の最高気温)
そりゃ寒いわけですわ。
マフラーと手袋持ってこなかったことを深く反省。北海道の3月をナメてました。スイマセン。


ターミナル4階のショップ「フライヤーズ」へ。
201003cast008.jpg
前回1月の時は寄って来るのを忘れたので、今回は真っ先に行ってきました。

ここ限定でエアドゥグッズが売られていますが、あったのはぬいぐるみとクリアファイルだけでした。
201003cast009.jpg
とりあえずクリアファイルをお買い上げ。
機長姿のベアドゥと、10周年記念塗装機のイラストに使われているのの2枚セット。

空港からはJRで移動です。快速・エアポート号。
201003cast010.jpg
300円の指定券を買って「uシート」。

いつもならけっこう混んでいるんですが・・・・
201003cast011.jpg
なぜか終点まで貸切。
ちなみに空港発だと、9番列と11番列が窓と座席の位置が合ってます。

車窓には一面の雪原。 この雄大さに、「う~ん、北海道に来た!」って感じです。
201003cast012.jpg

空港から30分ほどで、終点・札幌駅に到着。
201003cast013.jpg


(続く!)