台湾行ってきた その30

というわけで、台湾旅行の最終回。

3泊4日の行程を「その30」まで引っ張るというエゲツない公開方法でスイマセンでした。






エバーグリーンラウンジを出て、指定された搭乗口へ。
ラウンジから搭乗口までがけっこう遠かった・・・



これから乗る飛行機の案内。
201103taiwan460.jpg
当然っちゃ当然ですが、全部漢字表記です。


まだボーディングが始まってなかったので、ゲート前のベンチでしばし待つ。
ビジネスクラスの「プレミアムローレルクラス」のお客は、ゲートの先の待合スペースに通されてました。


これからのる飛行機。
201103taiwan461.jpg
エアバスA330-200。
行きはキティージェットでしたが、帰りはノーマルな塗装の飛行機です。


窓ガラスに油分が付着しているのを掃除してた。
201103taiwan462.jpg
この様子をずーっと見てたんだけど、結局油分は全く取れる気配は無く。
そのまま飛んだ模様(笑)



ボーディングが始まりました。
最初はエバー航空の上級会員とプレミアムローレルクラスの乗客から。
まだスタアラ加入前なので、スタアラゴールドメンバーは呼ばれない(笑)

それでも一般客の搭乗開始後、早めに機内に入りました。
機内は2+4+2のシート配列。
201103taiwan463.jpg
キティー仕様ではないので、落ち着いた雰囲気です。


私は往路で窓側に座らせてもらったので、帰りはKさんが窓側席。私はその隣の通路側席。
乗客がまだ乗ってこないうちに、前列席の窓から隣の飛行機を撮る。
201103taiwan464.jpg
香港航空の飛行機でした。


そうそう、今回台湾往復で初めてA330に乗ったんだけど、ビックリしたのが天井の荷物棚の小ささ!!
201103taiwan465.jpg
ボーイングみたいに、ボックス状の棚が下に降りてくるタイプじゃなくて、フタがカパッと開くだけ。
荷物を入れる口が広がらないから、お土産でパンパンに膨らんだリュックを入れるのに苦労しました。
まさに「ハットラック(帽子入れ)」の名の通りの収納スペース。



そんなこんなで、出発。
エバー航空のテクニカルアビエーションのスポットにドリームリフターが停まってるのが見えた。
離陸前で写真が撮れなかったのがとっても残念・・!


上空に出て、ベルトサインが消えると・・・・・

201103taiwan467.jpg

エサの時間(笑)

メインのおかずは、とんでもなくマズかった。
ぶっちゃけ、何食わされてんのか分からないレベル。

「行きのキティージェットの肉ご飯はけっこう美味しかったのになー」
「あれ、残したのもったいなかったなー」

などと、4日も前に乗った飛行機の機内食を想っていたのは私ぐらいなもんであろう。

あ、ちなみにおかず以外の、サラダとかフルーツとか蜜掛けケーキは美味しかった。
(というか、サラダやフルーツがまずいとか、エアラインの機内食として相当終わってると思うが)



飛行機は順調に成田に向けて飛行中。
201103taiwan466.jpg
A330-200のエンターテインメントシステムは、行きに乗ったA330-300と操作方法が違うのでちょっと戸惑った。
明らかに、新しく導入したA330-300のほうが操作性は上。

で、パックマンとかやってみる。
201103taiwan470.jpg

5分で飽きたーーーー!!!!!(笑)



ヒマなので機内を散歩してみました。
通路側席だと、好きなときに通路に出て自由に歩きまわれるのが便利(不審者かよ)
201103taiwan468.jpg
エコノミークラスはほぼ満席です。
台湾人と日本人が半々って感じかな。


非常口ドアの丸窓から、ウィングレットを。
201103taiwan469.jpg





飛行行程も半分を過ぎた頃、機内販売が始まった。
座席に備え付けのカタログを見ながら、キティージェットの模型を買いました。
201103taiwan471.jpg
パッケージがピンク系で、30過ぎのおっさんが買うには勇気が要る(笑)

1/500サイズのキティージェット2号機「ラブズアップル」
201103taiwan472-2.jpg

201103taiwan472-3.jpg
(当然だが、画像は自宅に帰ってからパッケージ開封後に撮影したもの)

本当は3号機の「アラウンドザワールド」が欲しかったのだが、これはキティジェット運行便のみで購入可能な品ということで「積んでないのよー」と言われてもうた。
(ANA国際線のプリオーダーみたいなWeb事前予約すれば、一般機材運行便でも買えるらしい)

あと、1/1000サイズの3機セットも勢いで買っといた。
201103taiwan472-1.jpg
この小ささで、ここまでしっかりとキティジェットが再現されているとはスゴスギー!!




てなことをやっていると、もう日本上空。

201103taiwan473.jpg


・・・・・明らかに到達時間が早い・・・・。
ダイヤ上では成田到着までもうあと1時間くらいあるのに、もう富士山が見えている・・・・。


着陸態勢に入る直前のフライトマップ。
201103taiwan474.jpg
ほうほう、どうやら34Lか34Rに着陸するのね。


結局2タミ側の34Rへの着陸でした。
エバー航空は1タミ発着なので、34R着陸だとスポットまでのタキシーが長い長い。



成田空港に到着ー!
201103taiwan475.jpg
飛行機全体が撮れる場所がなかったので、最後は垂直尾翼だけの写真になってもうた。


結局、成田には予定よりも30分以上早い到着でした。
201103taiwan476.jpg



過去に中国留学していたことがあるので、「初めての海外」というわけではないですが、日本から泊りがけで行く“海外旅行”というのは今回が初めてでしたが、「初」が「台湾」だったというのは良かったかもしれない。
治安にあまり不安はなかったし、街中はどこもきれいだし、台湾の人が日本人に対してみんなとても親切なのが旅行をしていて一番嬉しかったし、助かった。

漢字文化というのも(まぁ、自分は中国語をやっていたというのもあるけど)旅行中に迷ったり困ったりすることが少なく、不安感があまり無いというのもよかった。
あと、鉄道趣味者だと、台湾の鉄道っていうのは取っ付き易いかもしれない。台湾新幹線とか特急太魯閣号とかベースが日本製車両っていう点で興味を覚えるしね。


今回、旅のコーディネイト全般を担当してくれて、おバカな私を現地で常に正しいほうへ軌道修正してくれたCさん、そして共に「初台湾!」ということで一緒になってキャイキャイ!ウハウハ!と感動を共有してくれたKさんには感謝感謝です。



海外旅行慣れしているあなたも、海外旅行行ったことないよーというあなたにも、「台湾」ぜひオススメです!


台湾行ってきた その29

(つづきです)


ラウンジの中はガラガラでした。

広い空間を3つぐらいのスペースに区切ってあります。

201103taiwan448.jpg

201103taiwan446.jpg

201103taiwan447.jpg


ラウンジスペースとフードコーナーの仕切りには、新聞・雑誌コーナー。
201103taiwan448-1.jpg
フライトインフォメーションもここに設置されてます。


さて、おまちかね?のフードコーナーへ。
201103taiwan449.jpg


中華料理がメイン。ちょっとしたバイキングレストランのようです。
201103taiwan451.jpg

201103taiwan452.jpg

ケーキやサンドイッチも。
201103taiwan452-1.jpg


なんと、肉まん・桃まんもありました。
201103taiwan450.jpg
ほかにもスープバーやカレーもありました。


こちらはドリンクコーナー。
201103taiwan453.jpg
ソフトドリンクやビールなんかは、コンビニみたいな冷蔵庫の中から缶飲料を自分で取り出すスタイル。

では、いただきます。
201103taiwan454.jpg
ビーフンがとても美味しかったです。2回お替りしました(笑)


食事を終えて、ラウンジ内をちょっと探検。
こちらはビジネスコーナー。
201103taiwan455.jpg


ちなみに、ラウンジ内では無線LANの電波が無料で拾える。
201103taiwan457.jpg


こちらは「XBOX」のゲームコーナー。
201103taiwan456.jpg

201103taiwan456-1.jpg


トイレの奥には、シャワールーム。
201103taiwan458-1.jpg

扉を開けるとまずドレッサースペース。
201103taiwan458.jpg

その両脇に1つづつシャワーコーナーがありました。
201103taiwan459.jpg
照明が暗いので、ちょっと古ぼけて見えますが、見た感じではわりとしっかりした設備のようです。



さて、そろそろ搭乗開始時間。
ラウンジを出て、チケットに書かれた搭乗口へと向かいます。



(次回やっと最終回!!てなわけで、つづく)

台湾行ってきた その28

(つづきです)


シャトルバスで台北桃園空港に到着。


バスを降りてすぐにエバー航空のチェックインカウンターへ。
201103taiwan436.jpg
ここにもキティがいました。


ANAの上級会員だと、桃園空港ではエバー航空の「エバーグリーンラウンジ」が使えます。
チェックイン手続きの時にANAのプラチナカードを見せてラウンジに入りたい旨を伝えると、すぐにインビテーションカードを発行してくれました。
201103taiwan437.jpg
同行のCさんは特に上級会員ではないが、スタアラゴールドメンバーだと同行者も1人までラウンジに入れるので、私のプラチナパワーを発揮!!
「彼も一緒なんだが」と言うと、インビテーションカードにCさんの名前を追加してくれました。
ちなみに同行のKさんはスーパーフライヤーズなので、3人揃ってラウンジへGo!



イミグレーションに入る手前に、明らかになにかがおかしい空間(笑)
201103taiwan438.jpg

エバー航空の自動チェックイン機コーナーなんですが、キティワールド全開。

自動チェックイン機そのものがキティ型。
201103taiwan442.jpg


キティジェットのグッズも展示されてました。
201103taiwan439.jpg

201103taiwan440.jpg

201103taiwan440-1.jpg



さて、出国手続きもスムーズに済み、桃園空港のエアサイドへ。

「エバーグリーンラウンジ」へと向かいます。
201103taiwan443.jpg
同じフロアにはエバーのトランジットホテルや、シンガポール航空の「シルバークリスラウンジ」も。


「エバーグリーンラウンジ」の入口。
201103taiwan444.jpg

201103taiwan444-1.jpg

ANA以外にも、いろんな航空会社のラウンジサービスを受け持っているみたいです。
201103taiwan444-2.jpg



中に入るとすぐ正面には受け付けカウンター。


カウンター内の壁に掛かっていたエバーのジャンボの絵がかっこよかったので、写真撮らせてもらいました。
201103taiwan445.jpg


ここでラウンジインビテーションカードを渡して、ラウンジに入ります。




(つづく!)

台湾行ってきた その27

(つづきです)



台湾高鐵の桃園駅から、台北桃園空港へ向かうフリーウェイの途中に、ちょっと変わった建物があります。

201103taiwan412.jpg

これ、台湾の「航空博物館」

Kさんが博物館情報を見つけてきてくれて、Cさんが上手く行程に組み込んでくれました。
台湾にもこんな博物館があるんですね。いやぁ、楽しみ!!
(というわけで、完全に私は「そこにのっかってるだけ」というおいしいポジションなわけなのだが)


タクシーを降りて館内に入ると、いきなりドドーン!と蒋介石(笑)
201103taiwan413.jpg

入館券を売っているお姉さんがとても親切な人でした。
空港へのシャトルバスの時間や乗り場を丁寧に教えてくれたり、荷物を預かってくれたり。
ホント、今回の旅で出会った台湾の人はみんないい人ばかりで、すごくまた台湾来たい!と思った。


さて、博物館。

まず見えてくるのは、民間航空に関する展示。


台湾のフラッグキャリア、「チャイナエアライン」のブース。
201103taiwan414.jpg

201103taiwan415.jpg



その次に並んで見えてくるのが、我らが(?)エバーエア。

201103taiwan416.jpg

エバーのほうが展示内容が充実してた。
MD-11の実物大モックアップ。
201103taiwan417.jpg

かつてのビジネスクラスのモックアップで、椅子から何までおそらく当時のもの。


マネキンのCAさんが恐怖画像な件について
201103taiwan418.jpg



このあとはヘリコプターとか小型機の実物展示ブースがあって、

すぐに中華民国空軍のブースが大々的に展開(笑)
201103taiwan419.jpg

民間関連よりも空軍関連の方が、資料も展示も充実してた。
将来の国防を担うチビッ子の興味をここで引き付けて立派な軍人へと育てるわけですねわかります。

201103taiwan420.jpg

ミリタリーマニアにはたぶんキャハー!な内容なんだろうけど、私はほぼチンプンカンプンであった。



あと、2階に行くと宇宙航空技術関連のブースも。


出口近くに「世界の特別塗装機」の模型が一堂に会した展示コーナーがあった。

201103taiwan421.jpg
ANAのポケモンジェットの模型もいた。





そ・し・て・・・!!

展示館よりも実はこっちのほうが楽しみだったりして・・・。

併設して建っている展望タワーからは、桃園空港やエバー航空のメンテナンスエリアがよく見える。

・・・・よく見えるんだけど、窓ガラスが着色されている+全然窓掃除してないらしく超汚い。
さらに今日は天気も悪いときて、かなり視界が悪かった。

が、一生懸命撮ってみました。


展望タワーの真正面に桃園空港の旅客ターミナルが見えます。
向かって左に第1ターミナル。
201103taiwan422.jpg


向かって右が第2ターミナル。
201103taiwan423.jpg



エバー航空のメンテナンスエリアには、部品取り用と思われるMD-11がいた。
201103taiwan424.jpg

元・フェデックスの機体かな?

展望タワーから撮った旅客機の写真をズラズラと。
(前述のように撮影環境がかなり悪いので、ほとんどの画像がフォトショで見やすいように処理済)

揚子江快運
201103taiwan425.jpg


エバーのA330とキャセイのB773
201103taiwan426.jpg


エミレーツ・スカイカーゴのB747-400F
201103taiwan428.jpg

201103taiwan429.jpg

チャイナエアのA330
201103taiwan427.jpg


チャイナエアのB747-400
201103taiwan430.jpg

201103taiwan431.jpg


ジェットスターのA320
201103taiwan433.jpg

中国東方航空の特別塗装機
201103taiwan432.jpg


ベトナム航空のA321
201103taiwan434.jpg


中国国際航空の特別塗装機
201103taiwan435.jpg



晴れの日に、もっと長い時間にいたら、かなりレアなのがいっぱい見られそうです。


帰り便の時間が迫っているので、展望タワーを後にして空港シャトルバスで桃園空港へと向かいました。


(つづく)

台湾行ってきた その26

(つづきです。いよいよ台湾最終日!)


朝食はホテルのレストランを利用した。

朝6時30分からだというので、ちょっと遅れて行ってみたら・・・
201103taiwan390.jpg
一番乗りであった。


朝食は、和洋中のバイキング。
201103taiwan391.jpg

201103taiwan392.jpg

和食があるのが不思議だったけど、日本人宿泊客が多いからかも。

この日、ほかのテーブルから聞こえてきた会話も日本語が多かったし、レストランのテレビではNHKニュース流してた。





ホテルをチェックアウト。外は雨がジャンジャン降りでした。

まずMRTに乗る。
201103taiwan393.jpg
そういや、結局“台北のパスモ”は額面分全部を使い切れなかったな。
次回、台湾行ったときに使おう。



「中正紀念堂」駅でMRTを下車。
201103taiwan394.jpg
この駅だけは駅名表示プレートがものすごくゴージャスなデザイン。




傘を差して外を歩くが、かなり濡れてしまった・・・。


やがて、神殿のようなものが見えてくる。
201103taiwan395.jpg

帰ってきてから調べてみたら、この建物は「国家戯劇院」という建物でした。

ここから公園の中へ。
201103taiwan396.jpg
中華風なコリドーをしばし歩く。
なんかいい雰囲気です。

園内には池とかあった。
201103taiwan397.jpg


やがてコリドーの隙間から、なんか巨大な建物が見えてきた。
コリドーから逸れて、公園の真ん中のほうへ。

201103taiwan398.jpg

見えてきたのは「中正紀念堂」。蒋介石を記念して作られた建物。
「中正」とは蒋介石の号のことで、台湾ではストリート名などでよく見かけます。
(ちなみに、もう1つよく見る「中山」は孫文の号からとったもの)

周囲と見比べてみると分かるけど、ビルが紀念堂と比較してもかなり遠くに建っているのが分かるので、
いかにこの場所が大都市のド真ん中にポッカリと作られているかがわかる。


紀念堂への階段は89段。これは蒋介石が89歳で亡くなったことにちなんだ段数だそうで。
青い屋根が印象的です。
201103taiwan399.jpg


公園のド真ん中では、子供向けのイベントをやってました。
このザーザー降りの雨の中。


正面入口にある巨大なゲート。
201103taiwan400.jpg

201103taiwan401.jpg

ここから公園外に出て、再びMRTの駅へと向かいます。



途中、「総統府」を遠くに見る。
201103taiwan402.jpg

赤レンガの高い建物を見ると、東京駅を連想してしまう。
この総統府、日本統治時代の1919年に建てられた建物。


こちらは、台湾医大病院・・・かな?
201103taiwan403.jpg
総統府のあたりは、こうしたノスタルジックな建物が多く建っています。
晴れていたら、歴史散策しながらのんびり歩くのも良さそうですが・・・この日は雨に負けた。。。


早々に散歩を引き上げてMRTの駅に。

あとは日本へ帰るために、桃園空港へと向かうだけです。


MRTに乗って台北駅に来ました。

台湾国鉄側の駅にはこんなコインロッカーがいくつもあった。
201103taiwan405.jpg



桃園までは台湾高鐵に乗る。
201103taiwan404.jpg


切符売り場の指定券発売状況モニター。
201103taiwan406.jpg
こうして見ると、直近の列車になるほど満席になっています。
あらかじめ指定券を買わずに、駅に着いてから一番近い時間の切符を買って乗るのが普通なのかな?


切符買いました。何度目かの指定券販売機を操作しての購入。
201103taiwan407.jpg
おかげさまで操作にもだいぶ慣れまして、迷うことなく切符を買えるようになりました。


高鐵の台北駅は、古くからの在来線の駅を改装して作った上に、地下駅でとても狭い。
ホームの発車案内も、他の駅に比べてコンパクト。
201103taiwan407-1.jpg


新幹線が入線。
201103taiwan408.jpg
ブレてもうた。


台北から桃園まではすぐなので、普通車にしました。
201103taiwan409.jpg
切符を買ったときは空席多数だったけど、けっこう満席近いくらい混んでる。


座っていると、「ここは私の席だ」と台湾人が言ってきた。
「どうせ号車間違ってんだろ!」と思いながら台湾人の切符を見せてもらうと、同じ号車で同じ席番。
Oh!ダブルブッキングなんてホントにあるんかい!!

と思ったが、よくよく相手の切符を見ると台北の発車時間が次の列車になってた。

「この切符は次の列車の切符です」と言うと、「うわぁ!大変!」みたいなこと言いながら、笑いながら去っていった・・・





ま、そんなこんなで新幹線は桃園駅に着いたわけだが。


「桃園駅のコンコースに、台湾高鐵グッズの自動販売機が新しくお目見えしました」と高鐵の車内誌に載っていたので、行ってみた。
201103taiwan411-1.jpg

201103taiwan411.jpg

201103taiwan411-3.jpg

その自動販売機は、台湾人のオモチャと化していた(笑)
大人も子供もキャッキャッ言いながらボタンを押しまくってみたり、触りまくっていた。
まだ台湾では「自動販売機」というものが珍しいのか?(そういえば市中では全く飲料などの自販機を見かけなかったが)


肝心の品揃えですが・・・・ボールペンセットとかトランプとかいろいろあったけどお子様向けなデザインの商品が多かった。
とりあえず、唯一「大人向け」と思われる携帯ストラップを購入しといた。
201103taiwan411-2.jpg
高鐵開業当時にあったマグカップとかスタンプノートとか模型とか、あの頃の商品カムバック希望!

桃園駅の中には、エバー航空やユニエアなどの手続きカウンターがあった。
さすが空港に近い駅!
201103taiwan410.jpg



桃園駅からは、タクシーに乗りました。




(台湾滞在もいよいよ佳境だがまだつづく。)


| NEXT≫