普悠瑪(プユマ)をりょうもうにしてみた

東武特急「りょうもう」号に、台鐵特急「普悠瑪(プユマ)」カラーを施した編成が登場したというので、

puyuma200.jpg

普悠瑪にも「りょうもう」カラーを着せてみました。

(雑な仕上がりでスイマセン)

ヨーロピアン・エアバス

ボーイング機が大多数を占めるANAフリート。
実はかつて、長距離路線用にエアバスA340-300の導入が検討されていたことがありました。
エアバス社による完成予想イラストまで公表されていたそうですが・・・


実物が出てきてたら、こんな感じだったのかな!?
ANA A340-300
うん。
なぜだかあまり違和感がない。


結局、湾岸危機による世界不況の影響や、ボーイング社からトリプルセブン開発の「ワーキングトゥゲザー」に招聘されたことからA340-300は発注キャンセル。
トリトンブルーのA340-300は幻と終わり、替わりに発注されたA321が日本にやってきたのでした。


スーパージャンボ・スカイマーク

全日空で活躍したBoeing747SR「スーパージャンボ」。
初号機・2号機は全日空での活躍を引退したあと、中東のカタール航空に買い取られていきました。


スカイマークエアラインズでは会社設立時の導入機材にジャンボ機も検討されていたそうで、かつて日本で活躍していたことからマニュアル類がそろい、航空局の承認も下りやすかろうということで、元全日空のSRをカタール航空から買い戻すということも検討されていたそうな。


結局スカイマークは機材選定でB767を選択。このB747SRは日本国籍に復帰することはなかったのですが。


skymark-B747SR.jpg


「もし・・・・」のミラクルが起こっていれば・・・・
こんなのがスカイマークの初期機材として、かつて在籍していた全日空をライバルに、羽田-福岡間で飛んでいたかもしれません?!

エコ家族 その2

青い会社にも緑色に塗り替えた「エコボン」なるヒコーキが登場したそうで。



と、いうわけで「エコボン」のボンバルディア機以外にもファミリーを作ってあげました。


・エコなジャンボ 「エコジャン」
eco-ana747.jpg

・エコなトリプル 「エコプル」
eco-ana777.jpg

・エコなビーロク 「エコロク」
eco-ana767.jpg

・エコなビーサン 「エコサン」
eco-ana737.jpg

・エコなエアバス 「エコバス」
eco-ana320.jpg


あ、ちなみに「エコボン」の「ボン」は、「ボンバルディア」の「ボン」じゃなくて「ボン・ボヤージュ」の「ボン」らしいです。そんならこのファミリーはみんな「エコボン」の名前でもいいのね。


以上、フォトショの色相変更だけで終了の手抜き作品でした。
失礼しやした!

スターアライアンス

ANAのB747にもスタアラ塗装機、出ないかな~

と思ってたら、B747の退役の方が早かった・・・


B747全盛の時代が続いていたら、1機くらいはこんなのが出てたかも。
B747star_alliance.jpg


元ネタはこちら↓
B777star_alliance.jpg

| NEXT≫