ラストラン目前の寝台特急カシオペアに乗る その3

今回の旅行では、お友達さんが寝台券の購入と同時に、なんとダイニングカーのディナーも予約していました。
カシオペアでのディナーは、初めての体験です。
2016cassiopeia-035.jpg

>>続きを読む

普悠瑪(プユマ)をりょうもうにしてみた

東武特急「りょうもう」号に、台鐵特急「普悠瑪(プユマ)」カラーを施した編成が登場したというので、

puyuma200.jpg

普悠瑪にも「りょうもう」カラーを着せてみました。

(雑な仕上がりでスイマセン)

ラストラン目前の寝台特急カシオペアに乗る その2

カシオペアツインの個室内には、トイレと洗面台がビルトインされています。
おかげで個室から、ほぼ出ることなく過ごすことができます。
2016cassiopeia-016.jpg

しかし、実際に乗ってみると個室内に余分なスペースがなく、お世辞にも「ゆとりのある空間」とは言い難いです。
お友達さんは小さなキャリーバッグ、私は旅行用のちょっと大きめのリュックを背負っていきました。
そこに2人合わせて紙袋3つ分のお土産などを個室に持ち込んだのですが、個室内にある荷物置きにはリュックとキャリーバッグを乗せるとそれでいっぱい。お土産の入った紙袋は洗面室とソファー間にある、わずかな通路スペースに置くことになります。

また、せっかく個室内にトイレを組み込んだ設計にしてくれたのですが、薄い扉一枚で仕切られた空間内にあるトイレなので、扉の向こうのソファーに座っている同行者との距離感が近すぎて、気分的に落ち着きません。
用を足したり、ペーパーを使っている音が聞こえているんじゃないかと、気を遣ってしまいます。
また、同行者の目の前でトイレに出入りするのも、親しい友達同士とはいえ、なんとなく気まずいです。

個人的には、トイレはそんなに頻繁に使うわけではないので、個室内にトイレは設置せず、壁側に折りたたみの洗面台だけにして、個室内の空間を広くしたほうが、もっと居心地がよかったんじゃないかなぁと思いました。

>>続きを読む

ラストラン目前の寝台特急カシオペアに乗る その1

2016年3月。北海道新幹線開業に伴い定期運転が廃止となった寝台特急カシオペア号。
お友達さんが「廃止前に何としても乗っておきたい」という執念で、何回も(何十回も?)“みどりの窓口10時打ち”にトライして購入できたというチケットに便乗させて頂きまして、廃止直前となった2月初めにカシオペアに乗ってきました。

ようやく手にできたチケットは、上り札幌発のカシオペア号。
お友達さんは、最初は下り列車にどうしても乗りたかったそうですが、「何度挑戦しても寝台券が取れないのを繰り返すうち、下り列車でも上り列車でも、切符が取れればいいという感じになってきた」、ということだそうです。


そんなわけで、札幌駅です。
2016cassiopeia-001.jpg
札幌駅で見る「上野」の表示。
何度見ても、旅立ち前のワクワク感と緊張感、そして一晩を過ごして遥か遠くの地へと向かう旅情が沸き立ちます。
北海道新幹線が開業した今では、札幌駅ではもう「上野」行きの表示を見ることはできません。

>>続きを読む

485系ラストラン ひばり号 乗車記 その2

お弁当も配られました。掛け紙は「ひばり」号のイラストです。
485hibari021_20160623165538668.jpg

>>続きを読む

485系ラストラン ひばり号 乗車記 その1

日本全国津々浦々を駆け巡った485系特急型電車。
国鉄時代の特急電車の代表格のこの車両も、JR化後は新型特急に主役の座を譲り、一部の車両は改造されてお座敷電車に生まれ変わったりしましたが、その多くが廃車となって消えていきました。
第一線で残った車両もリニューアル改造などで、原型を留めないほどの姿に生まれ変わりました。

南東北エリアで臨時快速などで活躍してきた仙台所属の485系は、外観はほぼ原型のまま伝統の国鉄特急カラーを纏い、気が付けば「国鉄色の485系」はこれが日本で最後の存在となっていました。
そんな仙台の485系もついにリタイヤとなることが決まり、最後に南東北を代表する往年の国鉄特急の復刻運転で引退の花道を飾ることになりました。

私自身も幼少の頃に福島に住んでいたことがあったので、夏休みや冬休みに親戚の家に遊びに行く際には、485系の「ひばり」や「やまばと」や「つばさ」に乗せてもらい、それがとても楽しみでした。
485hibari046.jpg


今回のラストランでは、私が一番大好きな「やまばと」のヘッドマークを飾る列車の復刻運転はありませんでしたが、たぶん一番よく乗ったであろう「ひばり」号が仙台→郡山で運転されるというので、乗車申し込みをしました。

>>続きを読む

E3系 R1編成ラストラン その5

「こまち」36号で東京駅に到着したR1編成は、折り返し「やまびこ」215号で仙台まで運転されます。
E3R1-067.jpg

>>続きを読む

E3系 R1編成ラストラン その4

車内放送が終わると、すぐに乗車記念品の配布がはじまりました。
E3R1-047.jpg
あきたこまちのお米パックがもらえるとは思ってなかったので、ビックリしました。
しおりは樺の木で作られた秋田の民芸品です。

>>続きを読む

E3系 R1編成ラストラン その3

いよいよ「R1」編成が車両基地から回送されてきました。
E3R1-031.jpg


>>続きを読む

E3系 R1編成ラストラン その2

盛岡駅を出ると、秋田新幹線は東北新幹線から枝分かれして、地上走行になります。
E3R1-017.jpg

>>続きを読む

E3系 R1編成ラストラン その1

秋田新幹線「こまち」号で走っていたE3系新幹線車両には、1995年に製造された試作編成(量産先行車)が存在しました。
秋田新幹線開業前から高速走行や新在直通の試運転を行っていて、当時は試験用の非営業用編成として「S8」の編成番号が附されていました。
秋田新幹線開業後は、開業直前に落成した量産車に仕様を可能な限り合わせた改造工事が行われ、営業用の編成のひとつとして「R1」の編成番号が附されて「こまち」号で活躍していました。

「R1」編成は、他のこまち編成と比べて先頭車の顔が明らかに違っていたので、パッと見ただけでもすぐに「試作の車両だ」と、わりと誰でも分かるような違いがありました。

左:量産車の「こまち」     右:試作車「R1」編成の「こまち」
E3R1-076.jpg
白銀にピンクの帯という塗装は同じですが、ヘッドライトの位置と形状が両者全く異なり、R1のほうは顔が丸くて細いスマートな印象でした。

2013年に後進のE6系が「スーパーこまち」で営業運転を開始すると、E3系は徐々に運用離脱・廃車が進み、R1編成も引退の時がきました。
JR東日本秋田支社では、R1編成の最終営業運転をわざわざプレスリリースにて告知を行い、沿線では見送りの式典を、車内では営業運転終了の記念品を配布するなどのイベントを計画。
列車そのものが廃止される、またはその形式で最後まで残った1編成が引退するといったことでこうしたイベントが行われるのは珍しいことではありませんが、R1編成が引退する時点でE3系はまだ多くが「こまち」で活躍中でしたし、そういう意味ではE3系のうちの1編成がただ引退するだけでここまでのイベントを行うというのは異例のことのように思われました。
(山形新幹線の400系の、同じく先行量産車の試作編成「L1編成」の最終運転では、新在直通運転を最初に実現した記念碑的な車両であったにもかかわらず、特にこうした告知もイベントも何もありませんでした)

秋田新幹線の線路が完成して全てが繋がった時、それはつまり東京と秋田が新幹線の線路で繋がったことを意味し、R1編成は秋田から東京へと直通する新幹線の第一号編成だったことから、秋田側ではR1編成に対する思い入れや感情移入の強さが他県民が思う以上に大きかったのではないでしょうか。
その思いの強さが、「R1編成引退セレモニーイベント」の開催に現れていたのだと思います。

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その8

河口湖駅に到着した富士山ビュー特急は、乗客を降ろすとすぐに回送列車となって駅の北側にある引き上げ線へ。
河口湖駅は構造上、ホームと駅舎の間には踏切が存在するので、目の前ギリギリを富士山ビュー特急が走り去って行きます。
201605fujiview-146.jpg

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その7

大月駅からは「富士山ビュー特急」9号に乗車します。
201605fujiview-111.jpg

201605fujiview-112.jpg

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その6

下吉田駅からは、普通電車に乗って河口湖駅を目指します。
やって来たのはさっきと同じ6000系電車。この電車は、窓が「田」の字なので205系の初期型からの改造車です。
ちなみに、本来は「トーマスランド号」という電車で運転されている予定だったのですが、この日は「トーマスランド号」が検査で運休中でした。
201605fujiview-098.jpg

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その5

下吉田駅の脇には、なにやら青い列車が佇んでいます。
201605fujiview-071.jpg

「ブルートレインテラス」と名付けられているこのスペースには、引退後に富士急行に引き取られた14系客車が展示されています。

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その4

フリーきっぷを使っての旅なので、都留文科大学前駅では一度改札口を出てみました。
2004年に開業したこの駅は、富士急行線の中では一番新しい駅です。
201605fujiview-050.jpg

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その3

大月駅からは、折り返しの富士山ビュー特急5号に再び乗車します。
201605fujiview-036.jpg

東京方面からのアクセスにもちょうど良い頃合の時間なので、JRの連絡改札口の混雑も、朝よりさらにも増して人でごったがえしていました。

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その2

河口湖駅方向から、富士山ビュー特急が坂を下ってやって来ました。
201605fujiview-016.jpg

>>続きを読む

富士山ビュー特急 乗車記 その1

富士急行に、「富士登山電車」に続く水戸岡デザインの特別列車が登場しました。
その名も「富士山ビュー特急」。

JR東海と小田急の直通特急として活躍していた、独特な意匠が特徴的だった371系を、ドーンデザインがリニューアルしたというだけでもテンションが上がりそうなところに、車内は「ななつ星in九州」や「或る列車」の流れを汲むレストランタイプの内装になって、週末には「スイーツ列車」として運転されるというのだから、首都圏在住の水戸岡デザインのファンにとってはたまらない列車の登場です。

ゴールデンウィーク直前にデビューしたこの列車。
さすがに連休中の「スイーツプラン」の予約は満席続きだったようですが、連休も終わると時間帯によってはかなり空席もあるようなので、さっそく予約して乗ってきました。


まずは、新宿駅から「スーパーあずさ」1号に乗って大月駅まで向かいます。
201605fujiview-001.jpg

201605fujiview-002.jpg

>>続きを読む

西武旅するレストラン 52席の至福 その4


列車は途中の芦ヶ久保駅で停車。
この駅ではドアが開き、列車からホームに出ることができます。
SEIBU52-039.jpg

>>続きを読む

| NEXT≫